交通事故による打撲

文責:院長 柔道整復師 新美徹

最終更新日:2021年12月30日

1 交通事故で打撲が生じる原因

 歩行時やバイク・自転車に乗っていて交通事故に遭った場合、お身体を地面に打ち付けて打撲をしてしまうことがあります。

 また、車内にいる場合であっても打撲が生じることがあります。

 ダッシュボードやハンドルなど、車内には硬いものが多数あります。

 交通事故で強い衝撃を受けると、シートベルトなどがあっても前には押し出されますので、打撲をしてしまうことがあります。

 交通事故の直後は痛みを感じにくいことも多いため、打撲に気づかないということもあるかと思いますが、少しでも痛みや違和感、腫れなどがでてきた場合にはご注意ください。

2 交通事故で打撲をした場合の対応

 一般的な応急処置としては、打撲した部位を冷やして安静にするということが考えられます。

 ただし、日常生活で起きる打撲と異なり、交通事故では非常に強い衝撃を受けていますので、筋肉の損傷等も深刻なものである可能性があります。

 痛みが強くなることや長引くことが予想されますので、できるだけ早く通院を開始することをおすすめします。

 また、腫れが起きることで神経が圧迫され、痺れなどが出てくることもありえます。

 この場合も、痺れが長引くおそれがありますので、お早めに接骨院でご相談ください。

3 交通事故の打撲はスマイル鍼灸接骨院にお任せください

 当院は交通事故によるケガの施術を得意としていますので、打撲についても安心してお任せください。

 ケガの状態を確認した上で、炎症を起こしているようであればアイシングなどで鎮静を図り、ソフトな筋膜リリースで腫れやこわばりの早期解消を目指します。

 その後は手技によって損傷した筋肉の状態改善を促し、根本からの改善を図ります。

 また、打撲により動かすことができなかった間に筋力が低下してしまうことがありますので、そちらを取り戻すために運動指導をご提案させていただく場合もあります。

 打撲の状態に合わせ、お一人おひとりにとって最適と考えられる内容とペースで施術を行わせていただきますので、交通事故により打撲をされた方は一度ご相談ください。

受付時間

 
午前 -
午後 -

○予約優先 □完全予約制

【月・火・木・金】
○8:30~12:00
○15:30~20:00
※受付終了30分前にはご来院ください。過ぎるようであれば電話にてお問い合わせください。

【水・土】
○8:30~13:00
□15:00~18:00(完全予約制)
※予約状況によって21:00まで対応する日あり

【月~土】
※交通事故被害者の方に限り21:00まで対応

【定休日】
日・祝

所在地

〒457-0846
愛知県名古屋市南区
道徳通3-7
道徳駅から徒歩5分。駐車場6台

052-694-0155

お問合せ・アクセス・地図

PageTop